AboutXportについて

Greetingごあいさつ

大阪商工会議所と大阪工業大学が、2018年4月に開設した都心型オープンイノベーション拠点「Xport(クロスポート)」では、大企業、中堅・中小企業、スタートアップ、学生といった多様な主体が、異業種交流を通して実社会の課題に挑み、ビジネスを創出する活動を展開してまいります。
大阪商工会議所は、大阪・関西が「アジアのイノベーション・ハブ」になることを目指し、様々な分野で、オープンイノベーションを促進する仕組み作りに取り組んでおります。
Ⅹportでの新たな活動を通じて、国内外から多様で高度な人材・企業を呼び寄せ、大阪・関西が、世界に向けてイノベーションを発信する「港」となることに貢献してまいります。

大阪商工会議所会頭尾崎 裕

2017年に常翔学園のシンボリックな「未来を創る拠点」「イノベーション創出拠点」として大阪工業大学梅田キャンパスは誕生しました。
その梅田キャンパスにあるロボティクス&デザインセンターにこのたび、大阪工業大学は大阪商工会議所と手を取り、イノベーション人材を育成するオープンイノベーション拠点を開設しました。
アメリカのスタンフォード大学がシリコンバレーを生んだように、Xportを産・官・学・民連携のハブとして、関西版シリコンバレーを生み出す潮流をつくって行きたいと考えます。

学校法人常翔学園理事長久禮 哲郎

梅田キャンパスでは「デザイン思考」というイノベーション創出手法を教育の機軸として、時代が要請するイノベーション人材教育を行っています。
現在の社会はIoT、医療、セキュリティ、インターネットなどで日々膨大なデータが蓄積されており、これらのデータ活用にオープンイノベーションやデザイン思考によるアプローチが今まで不可能であった課題解決や未来予測新事業などが可能になると期待されています。
我々はまさにこのような時代のニーズに合わせて、この新拠点「Xport」で、大学と企業が技術とアイデアを組み合わせ、オープンイノベーションを行うという、今までに無い新しい大学の姿を示していきます。

大阪工業大学学長西村 泰志

Conceptコンセプト

1多様な交流機会の創出
2企業の課題解決をテーマにした
新規事業の創出
3デザイン思考の習得と
イノベーション力の向上
4アイデアを持った
一人メイカーの支援・育成
5ビジネス創出の実体験を通じた
産学連携PBL教育

Organization運営団体

団体名称 Xport(クロスポート)
設立年月日 2018年4月20日
役員 会長 児玉 達樹(大阪商工会議所 常務理事・事務局長)
副会長 小寺 正敏(大阪工業大学 副学長)
監事 山﨑 篤(株式会社ルートナイン 代表取締役)
所在地 大阪市北区茶屋町1-45
大阪工業大学梅田キャンパス8階 ロボティクス&デザインセンター
事業内容 ・多様な交流機会の創出
・企業の課題解決をテーマにした新規事業の創出
・デザイン思考の習得とイノベーション力向上
・アイデアを持った一人メイカーの支援・育成
・ビジネス創出の実体験を通じた次世代人材の養成
・その他、目的の達成に必要な活動

※都心型オープンイノベーション拠点Xportは大阪商工会議所と大阪工業大学が設立した任意団体「Xport」が運営しています。

Welcome to XportようこそXportへ

児玉 達樹
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」会長
大阪商工会議所 常務理事・事務局長

Xportでは、新規事業創出に課題を抱える企業を中心に、その解決に向けた議論の中から新しいビジネスの芽を見出す取り組みを実践してまいります。課題解決のアイデアは、本社や中央研究所から離れ自社の既定路線に関係なくチャレンジできる「出島」的な環境や、様々な方々が交流する場から生み出されることが多いと言われます。Xportは、多様な主体の交流や「出島効果」の発揮を促進し、新規事業の創出を支援します。多くの方々からの積極的なご参画をお待ちしております。

小寺 正敏
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」副会長
大阪工業大学 副学長 工学部電子情報通信工学科 教授

大学における研究は新たな知の創造であり、教育によってその知を継承させるとともに広く社会に還元することで、企業・産業の活性化を促すエコシステムの中核を成しています。本学は2018年4月に大阪商工会議所と連携してXportを開設しました。私どもはXportを通して大阪・関西の産業活性化のみならず、イノベーション人材育成に向けた産官学連携を進めます。多様なバックグラウンドを持つ多くの方々と出会い・協働しながら、今までになかった新しい価値創造を進めていきたいと思います。

本田 幸夫
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」アドバイザー
大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター センター長
ロボティクス&デザイン工学部ロボット工学科 教授

日本の大きな社会課題は、少子高齢化による労働力不足と新たな成長に向けた新規事業の創出にあります。Xportは、これらの社会課題をロボット・AIテクノロジーを利活用してソリューションを見つけだし新規事業を生み出す異分野融合の産学連携プラットフォームです。Xportの活動に共感いただき、皆様との協働・共創活動を通して安寧な未来を生み出していこうではありませんか。

松井 謙二
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」アドバイザー
大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター 副センター長
ロボティクス&デザイン工学部システムデザイン工学科 教授

IoT、AI、ビッグデータを活用した革新的なサービスや製品の創出がグローバル競争の現在において極めて重要です。Xportでは、デザイン思考手法を指導しつつ、企業の課題解決を学生のフレッシュな発想でチャレンジします。

岡田 直樹
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」調査役
大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術振興担当

長年、DAIGASグループの京都リサーチパークでベンチャー企業の皆さんと夜明かしをしてきました。今は正に、オープンイノベーションの時代です。これからは体力勝負を卒業し、培ってきた幅広いネットワークを活かし、多くの仲間の力を皆さんに繫ぎ込み、夢の実現をサポートしていきます。大きな夢を待っております。

玉川 弘子
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」事務局長
大阪商工会議所 経済産業部 次長

様々な出会い、つながりから、新しいビジネスが生まれる場にしたいという思いで、Xportの立ち上げから関わってきました。「小さく生んで大きく育てる」「走りながら仲間づくりをする」をモットーに取り組んでいます。何か新しいことを始めるとき、試行錯誤はつきものです。そんなとき、気軽にお声掛けいただける場として、ぜひ、Xportをご利用ください。

土居 英司
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」調査役
大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術振興担当課長

大阪商工会議所では、中小企業と大手企業とを結びつける商談会事業に携わってきました。これからのビジネスには、中小と大手、個人と企業、リアルとバーチャルなど、従来の枠組みを超えた交流から生まれる革新的なアイデアが必要となります。これまでに培ったネットワークとXportで生み出される新たなネットワークとを融合させ、新規事業創出の後押しをしていきたいと思います。

梶 伸也
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」調査役
大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター 課長

大阪工業大学梅田キャンパスには約1,000人の学生がいます。Xportを通じて学生たちは産業界の第一線で活躍する方々と出会い、産業界の生きた課題の解決を図るため、全力で学びます。産業界の方々と学生たちにとって良い出会いになるよう全力でサポートします。

野村 善一
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」技師
大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター 特任技師

36年余りの企業生活ののち大阪工業大学で学生教育及び産学連携のサポートをしています。この大学ではイノベーションの手法としてデザイン思考を柱に教育を行っていますが、これは企業人生を積んだ私からみてもとても有効な手法であると考えています。新しい発想を持っている学生たちとクロスするサポートができるようにお待ちしております。

よくある問い合わせはこちら